職員の活動

学園の研究会

症例検討ABC(ABe Conference)

西南学院大学助教授安部氏による症例検討会。ABeさんのConferenceということで「症例検討ABC」と命名しました。さらにABCとは基本から丁寧に教えていただけることや“ABC”の行き着く先“Z”=「未来」に向かって子どもたちを導くための会であることも暗示しています。

また、地域の児童福祉関係者と共に学び合う機会として、年1回の公開講座も実施しています。

しんだん(わ)かいっ

月1回行われる椿の森学園の直接処遇職員を中心とした職員相互の研修会。施設長、医師などの講義だけでなく、心理セラピストや児童指導員がテーマに沿って自ら学び発表をしたり、症例検討会等をしていきます。